株式会社イシカワ

会社案内CORPORATE PROFILE

会社概要

商号
株式会社イシカワ
本社
神奈川県横浜市鶴見区生麦2-3-18
設立
1934(昭和9)年
代表取締役
会長 石川 佑和
社長 石川 能久
資本金
12,000,000円
従業員
88名
取引銀行
三菱UFJ銀行 鶴見支店
横浜銀行 鶴見支店
横浜信用金庫 生麦支店
商工組合中央金庫 川崎支店
日本政策金融公庫 横浜支店

沿革

1934年5月

神奈川県横浜市鶴見区生麦町に石川製函所を設立、木箱の製造、販売を開始

1964年

神奈川県大和市に大和工場を新設、段ボール部門を移転

1974年

鶴見区大黒町に本社および横浜工場を新設

1989年

横浜工場に倉庫を建設

1991年

株式会社イシカワに社名変更

福島県白河市に白河工場を新設

1994年

大和工場に事務所と社員寮を新設

2004年

鶴見区生麦にEMC研究所を新設、本社機能移転し、EMC測定業務を開始

2013年

横浜型地域貢献企業(最上位)認定

2016年

和歌山県高野山に『先人畏敬碑』を建立

事業拠点

本社(総務部/人事部)・EMC研究所

〒230-0052
神奈川県横浜市鶴見区生麦2-3-18

【本社】

【EMC研究所】

アクセスマップ

横浜工場(輸出・梱包/輸入・倉庫)

〒230-0053
神奈川県横浜市鶴見区大黒町18-24

アクセスマップ

大和工場(段ボール)

〒242-0008
神奈川県大和市中央林間西2-16-18

アクセスマップ

白河工場(段ボール)

〒961-0012
福島県白河市大字本沼字西ノ内188-1

アクセスマップ

創業から今まで

当社の創業者、石川栄二は1909(明治42)年に石川県石川郡鶴来町にて生まれ、17歳のときに単身で横浜に移り、呉服屋で仕事をしながら、夜学で学びました。
昭和はじめの不況下、貿易の重要性に着目して、貿易につながる梱包を、と1934(昭和9)年に木箱屋「石川製函所」を起業し、連日早朝から深夜まで働いて事業を軌道に乗せました。

株式会社イシカワでは、創業80周年の記念事業として、創業者の思いや、創業以来、会社に貢献された社内外の方々への思い、お取引先へのご協力やご支援への感謝の気持ちを形にすべく和歌山県の高野山に『先人畏敬碑』を建立いたしました。
創業者が大切にしていた『論語』の教え「仁者寿」(じんなるものいのちながし)は、人様に尽くす仁者は⾧く平安を保つことを説いた言葉です。

創業者
故 石川 栄二

二代目社長
(現相談役)
石川 建治

三代目社長
(現会長)
石川 佑和

イシカワの理念 一、社会に貢献し得る企業 一、社員が希望をもって働ける企業 一、御取引先に感謝を持つ企業 一、仕事に誠心誠意を以て当り物を買って頂くと共に先誠実を買って頂く企業 一、社員の和を以って目的に向って進む企業